実際に使ってみたサックスのストラップの話

サックスのストラップの種類がどんどん増えてきています。

だいぶ迷走したので、記事に。(執筆中)

ノーマルタイプ

こんな感じのタイプのやつ

楽器を購入したときについている形のやつ。シンプルで比較的安価。

セルマーがちょっと高くてびっくりしましたが、1000~2000円で購入できる場合がほとんど。

私は過去ブランチャーというメーカーのものを愛用してました。

もうボロボロになってしまった・・・

今、こういう形で買いなおすならケルブルかなーと思ってます。

基本的には、

  • フックの形状
  • アジャスター?の形
  • ヒモの太さ
  • 首に当たる部分の大きさ

この辺が各メーカーで違ってきています。

あと材質も色々で、フックは金属だったりプラスチックだったり、首に当たる部分に革が使われているものなど、様々です。

基本的には好みによりますが、フックの材質だけは金属をオススメしています。

個人的にちょっと怖いやつ

写真の形状のもので怖い思いをしたことが2回あり、以降は・・・。

(※私の使い方が荒かった可能性も十分にあるので一概に言えませんが)

バードストラップ

最近話題のストラップその1。発売以降、使用者が増えております。

このV字のプレートが画期的

楽器の高さを調節する際にストラップを短くしても、V字プレートが首の締め付けを防いでくれます。

カスタムパーツも豊富で、色から材質からフックから紐から・・・とカスタムし放題です。

私が使っているのは全部スタンダード仕様のものですが、十分に役目を果たしてくれています。

次に紹介するブレステイキングと似ている部分もありますが、私は

  • 小さい楽器(ソプラノとたまにアルト)→バードストラップ
  • 大きい楽器(テナーとたまにバリトン)→ブレステイキング

と言う感じで使用しています。

スタンダードモデルは現在こんな感じの価格です。

類似品も結構出ているようなのですが、こちらに関してはよくわかりません。

ストラップだけで楽器を支える場合もあるので、類似品購入の際にはその辺りを十分に確認する必要があると思います。

ブレステイキング

執筆中

ハーネスタイプのもの

執筆中

サックスホルダー

執筆中

もっとデカいストラップ

執筆中